第178エナジー 「『アーク』初めての活躍」

「『竜牙』!!大丈夫か!!しっかりしろ!!」 「竜牙」は意識はあるが、手足が吹っ飛び、「ブラウド」にエナジー武具「オロチバスター」を破壊されたことから、放心状態になっている。 「普段は生意気なクソガキなのにまったく。たまには大人の俺に任せとけ。お前は俺のこと散々ザコ扱いしてたけどよ〜。」 「俺は『アーク』までを殺すつもりはなかったんだぜ?同じ星の出身だし。それに力量…

続きを読む

第177エナジー 「続『ブラウド』戦」

「竜牙」は続けさま、エナジー 武具「オロチバスター」(大鎌)で、「ブラウド」の左足を斬りかかった。 すると、切り落としたはずの「ブラウド」の左腕が勝手に動き出し、「竜牙」に力一杯掌底をくらわしたのである。 ドン!! 「うぐっ。」 「竜牙」は吹っ飛ばされた。 「俺にお返しができなくて残念だったな。ムン!!」 切り落とされた左腕がひとりでに…

続きを読む

第176エナジー 「『ブラウド』の『セル・エナジー』全開」

「ちょっと先生ありえないですってば。『核』が『ミクロ生物』の中にあるはずがあるわけないですよ。」 「そういうお前もちょっと前までは、『核』がなかっただろ?それはどういうわけだ?ありえないことがあったということではないのか?」 「いや。俺は元々『ヤマタノオロチ』っていう『マクロ生物』だったし、何というか、普通のやつとは違うというか特別というか・・・。」 「特別?自分が…

続きを読む

プロフィール

名前:
リョウタ
一言:
20年前から考えていたインフレバトルモノの話を、墓場まで持って行こうか迷いましたが、思い切って生きている間に表現しようと思いました。

僕が大好きな「ドラゴンボール」「YAIBA!」「HUNTER✖️HUNTER」の影響を受けまくった内容になると思います。

興味のある方は、ストレス解消に読んでいただけると嬉しいです。グロテスクな表現が出てくるときがございますので、苦手な方はご遠慮ください。

完全にフィクションなんで、現実と異なる内容が数多くあるのでご了承ください。
読者メッセージを送る