第6エナジー 「学校に行く。マクロ生物たち。」

「竜牙」の部屋の扉が開いた。 そこには、「竜牙」の母親が立っていた。 「えっ母さん?何で?」 「おかしいと思ったのよ。普段、自分から宿題をするはずもない子がするとか言い出すなんて、何かあるとすぐにわかったわ。かわいいクマちゃんとウサちゃんね。」 「『まよ』ちゃんっていうの。」 「『まこ』だ。」 「『さこ』だ。」 「母さ…

続きを読む

第5エナジー 「エナジー無効化リボン」

「さこ」は提案した。 「今からエナジーを無効化するアイテムを具現化する。それを身につけることで、『さこ』たちも地球と人間とその文化に触れることができるぞ。」 「オレは全く興味ないんだけど。」 「『まよ』。体に身に付けるんだったら何がいい?」 「『まよ』ちゃん。かわいい女の子だからリボンがいいな〜。前から欲しかったの。」 「さこ…

続きを読む

第4エナジー 「ミクロとマクロ」

ここは、東京都。 地上から約一万メートル上空で「まこ」たちが「エビルマンティス」と交戦していた。 「竜牙」本体は、学校帰り、家の近くの公園でブランコに乗りながら、「竜牙」エナジー体を操作していた。 「今日は学校でも厄日だったのに、世界最強だったもう一人の俺が、こんなにも雑魚扱いされるなんて。はぁ。とりあえず、『ミクロ』と『マクロ』の意味でもやつらに聞くか…

続きを読む

プロフィール

名前:
リョウタ
一言:
20年前から考えていたインフレバトルモノの話を、墓場まで持って行こうか迷いましたが、思い切って生きている間に表現しようと思いました。

僕が大好きな「ドラゴンボール」「YAIBA!」「HUNTER✖️HUNTER」の影響を受けまくった内容になると思います。

興味のある方は、ストレス解消に読んでいただけると嬉しいです。グロテスクな表現が出てくるときがございますので、苦手な方はご遠慮ください。

完全にフィクションなんで、現実と異なる内容が数多くあるのでご了承ください。
読者メッセージを送る