第29エナジー  「目標と友情と侵略」

「なんで『愛』は俺より頭がいいのに、俺に聞いてんだよ?自分で考えればいいだろ?」 「だってあんたは特別な存在なのよ。『さこ』様はいつもは何も言わないけど、今回だけあんたのことを言ってたから私もそれに気づいたのよ。星と同等の力を持つ『マクロ』生物があんたに興味を持っているのよ。それがどれほどすごいことか『竜牙』わかる?」 「わかんねーよ!!俺は『さこ』たちがどれほどすごいかなん…

続きを読む

第28エナジー  「役目」

「宴が終わったあと、『ディノヒューマン』に挨拶をして『さこ』様に地球まで転送してもらったの。そのときのことなんだけど。」 回想。「ディノヒューマン」の大きな木の館で、「恐竜祭」参加させてもらったことに礼を言っていた「愛」と「良太」。 「『ディノヒューマン』さん。本日は色々ありがとうございました。」 「俺は『アロサウルス』を試合で殺してしまってすみませんでした。」 …

続きを読む

第27エナジー  「反省会」

「恐竜祭」翌日の夜。親が寝静まった後に学校の校舎の空中で待ち合わせをした「愛」「良太」「竜牙」。 決勝戦以降に起こった出来事が「愛」の口から語られる。 「早く言えよ。『愛』。やっぱ俺が優勝してたのか?あの勝者しかもらえない宝石みたいなやつもらってたし。」 「『エレメントウエポン』でしょ。それくらい覚えない。バカ『竜牙』。私も死にかけだったから試合を観ていたわけじゃな…

続きを読む

プロフィール

名前:
リョウタ
一言:
20年前から考えていたインフレバトルモノの話を、墓場まで持って行こうか迷いましたが、思い切って生きている間に表現しようと思いました。

僕が大好きな「ドラゴンボール」「YAIBA!」「HUNTER✖️HUNTER」の影響を受けまくった内容になると思います。

興味のある方は、ストレス解消に読んでいただけると嬉しいです。グロテスクな表現が出てくるときがございますので、苦手な方はご遠慮ください。

完全にフィクションなんで、現実と異なる内容が数多くあるのでご了承ください。
読者メッセージを送る