第71エナジー  「『恐竜星』を探せ!!」

「どうせお前のことだから、今回の戦いで『エレメントの大鎌』使ってたら、俺一人で勝てたのにとか言うつもりだったんだろ?」 「ああ、そういやそうだ。いや違うんだ。あの戦いの時、『フレアミスト』っていう変態女が『一つ目火の玉』っていうミクロ生物を生み出したんだ。『アルガンドル』に重傷を負わせた『一つ目火の玉』は倒したんだけど、残りの二体を逃してしまったんだ。追いかけていたら、『核エナジーミサ…

続きを読む

第70エナジー  「治療方法」

一番損傷が深い「アーク」が、一日経って目を覚ました。 「やっと目を覚ましたか、『アーク』。」 ここは「ケミエナ星」の「エナシティー」化学エナジー治療所(病院)である。 ベットで寝かされている「アーク」。隣には「ブラウド」も寝かされている。 「『ブラウド』。おまえも両手両足を失ったか。派手にやられたな。」 「とりあえず、隊長達と『竜牙』の野郎も呼ぶ…

続きを読む

第69エナジー  「被害状況」

「核エナジーミサイル」の威力は尋常じゃない。その破壊力で「ケミエナ星」にも大きな被害が起きる可能性があったため、「マールル」たちは使うことをためらっていた。 「竜牙」のエナジー体が大量にいるとわかったときに、「マールル」は作戦を思いついた。「ケミエナ星」に被害を出さず、「核エナジーミサイル」を使い、マクロを倒す方法を。 「マールル」はミサイルを発射する前に「竜牙」に伝えていた…

続きを読む

プロフィール

名前:
リョウタ
一言:
20年前から考えていたインフレバトルモノの話を、墓場まで持って行こうか迷いましたが、思い切って生きている間に表現しようと思いました。

僕が大好きな「ドラゴンボール」「YAIBA!」「HUNTER✖️HUNTER」の影響を受けまくった内容になると思います。

興味のある方は、ストレス解消に読んでいただけると嬉しいです。グロテスクな表現が出てくるときがございますので、苦手な方はご遠慮ください。

完全にフィクションなんで、現実と異なる内容が数多くあるのでご了承ください。
読者メッセージを送る