第85エナジー  「『竜牙』の仮説」

この宇宙で「竜牙」は三つの星にいる。 「恐竜星」に「竜牙」エナジー体が一体いる。「ブラウド」がどこかにいってしまったので、恐竜たちにエナジー学とエナジー武道を教える羽目になってしまった「竜牙」。 「月」には、「竜牙」エナジー体が五万体いる。「青牙」との戦いで10万体エナジー体を増殖させていたが、エナジー体を消さずに、そのまま五万体は「月」に残した。目的は地球を見張るためで…

続きを読む

第84エナジー  「悪い知らせ」

「恐竜星」では「アーク」と「ディノヒューマン」(恐竜人間)が意気投合し、二人は食事とお酒を飲んでいた。 「いや〜。この『恐竜酒』が一段と美味しいですな〜。このティラノサウルスのステーキも堪りまんせんが。」 「なかなか『アーク』は良い舌をしていますね。それにしても驚きです。『アーク』が500年前に『恐竜星』にさまよってきた『ラーク・マイト』の息子だったなんて。」 「そ…

続きを読む

第83エナジー  「エナジー力の上げ方」

エナジー力の上げ方。つまりエナジー総量をあげる。 エナジーは生命活動を維持しているだけで消耗される。 なぜなら、地球人以外のミクロ生物たちは「シールド」を展開し続けなければ、生命を維持できないからだ。 宇宙では、恒星に近ければ近いほど熱い。逆に恒星から遠ければ、光が届きにくく、極寒となる。 宇宙で生を受けたミクロ生物は、まず、温度調節を生まれた時から、「シ…

続きを読む

プロフィール

名前:
リョウタ
一言:
20年前から考えていたインフレバトルモノの話を、墓場まで持って行こうか迷いましたが、思い切って生きている間に表現しようと思いました。

僕が大好きな「ドラゴンボール」「YAIBA!」「HUNTER✖️HUNTER」の影響を受けまくった内容になると思います。

興味のある方は、ストレス解消に読んでいただけると嬉しいです。グロテスクな表現が出てくるときがございますので、苦手な方はご遠慮ください。

完全にフィクションなんで、現実と異なる内容が数多くあるのでご了承ください。
読者メッセージを送る